シャネルとは

1971年1月10日にガブリエル・シャネルは87年の生涯を閉じました。 ですが、シャネルブランドはこの後もオード・トワレ、クリスタル、シャネルのスキンケア用品や化粧品の発表を経て、 1978年にプレタポルテを専門とするシャネル・ブティックを世界の各地でスタートさせたのです。 この後も、シャネルの主任デザイナーの職についたカール・ラガーフェルドがモンテーニュ大通りに2号店をオープンさせたり、 香水や腕時計専門のブティックをオープンさせたり、シャネルのジュエリーなども発表されていくのです。 その後、1995年に日本に上陸したシャネルは瞬く間に大人気となり、シャネラーブームが到来しました。 数々の香水やバックなども世界で人気があったのだといえるでしょう。 ついに、2004年にシャネルの銀座店をオープンさせたのです。 シャネルのパリの本店である、カンボン店は今でも営業しているのだそうです。
ガブリエル・シャネルが立ち上げたブランドのシャネルNo5の売り上げが1929年には世界で一番となるのです。 その後、ガブリエル・シャネルは52歳の年に、28,000点(年間で)もの作品を世界の各国で発表したのです。 この頃、シャネルで働く従業員の数は4,000人となり、シャネルは黄金時代といわれるのです。 ですが、1939年に第2次世界大戦が起こってしまい、香水とアクセサリーの部門を残して、カンボン通りにあったお店を閉めるのです。 そして、1944年にパリが解散したあとガブリエル・シャネルはジュネーブに行きます。 1950年にマリリン・モンローの名言「寝るときはシャネルのNo.5を着て寝る」が残されたのです。 そして、ガブリエル・シャネル71歳の年に、メゾンを再度オープンさせるのです。 この時に再びシャネル・スーツを発表して、アメリカのいろいろなファッション誌の特集となるのです。 その後、マトラッセ・バッグの誕生、バイカラーの靴、プール・ムシューと香水シャネルNo.19と続々と発表されたのです。 ですが、1971年1月10日にガブリエル・シャネル(ココ・シャネル)は帰らぬ人となったのです。 87年の生涯でした。
33歳の年にオープンさせたメゾン・ド・クチュールでジャージー素材の服がアメリカの女性たちの間で人気となりました。 そのため、ハーバース・バザーとよばれる雑誌にシャネルの服が始めて掲載されたのです。 そして、1921年には香水・・・シャネルNo.5とシャネルNo.22を発売します。 この時に恋人であったディミトリ大公に影響され、ガブリエル・シャネルはロシア風のものにとても興味を示しました。 その頃作られた刺繍や毛皮などはロシア風であったといわれています。 1924年、ピエール・ヴェルタイマーという共同出資者とともにシャネルの香水会社というパルファン・シャネル社を設立し、ガブリエル・シャネルは社長として仕事をするようになります。 翌年、ユニセックス・モードが発表されて、モードの世界では黒いドレスが大流行するのです。 その後、ガブリエル・シャネルが45歳の年に、お店をカンボン通り31番地に移転させるのです。 同じ頃、ツイードとよばれる素材を使用した、シャネルのスーツを発表したのです。 この時使用されたツイードはスコットランドで特注で織られたものを使用したのです。
シャネルブランドの創始者である、ココ・シャネル(ガブリエル・シャネル)は1883年にこの世に誕生します。 そして、1901年にムーランにある衣料品店でお針子として働くのです。 その後、8年後の1909年に銀行家であるイギリス人のアーサー・カベルという人物と出会うのです。 翌年の1910年・・・ガブリエル・シャネル27歳の時にカベルに出資してもらい、パリのカンボン通り21番地にシャネル・モードという名の帽子店をオープンしたのです。 そして、この年にアーサー・カペルとガブリエル・シャネルは恋人同士となりました。 その後の1913年にまたカベルに出資してもらい、フランス北部ドーヴィル中心街に、モード・ブティックをオープンさせたのです。 このお店では、帽子以外の衣服・・・ウエストを絞らないタイプのスカートや開襟シャツの様な上着なども店頭に置いたのです。 さらには、シャネルのマリンスーツの発端とされているトリコットと呼ばれる布を使用した洋服を作ったのです。 その後、33歳の年にリゾート地とされるビアリッツに、メゾン・ド・クチュールとよばれるお店をオープンさせたのです。
シャネルは何時の時代にも大人気であるといえます。 なぜなら、シャネルには女性の心を掴んで離さない、なにか惹かれるものがあるからなのです。 そして、コレクションが行われるごとに多くの人を楽しませるブランドはシャネルであるといえます。 それでは、ここからシャネルの歴史について紹介しましょう。 シャネルの創始者である、ココ・シャネルは1883年にフランス西南部のソーミュールの救急病院で、行商人の父アルベール・シャネルと母、ジャンヌ・ドゥヴォールの次女としてこの世に生を受けました。 そして、ガブリエル・シャネルと名づけられました。 しかし、1895年にガブリエル・シャネルの母であるジャンヌ・ドゥヴォールが亡くなります。 そして、父のアルベール・シャネルに捨てられ、姉であるジュリアと共に孤児院で生活するようになるのです。 さらに時は過ぎて1900年、ガブリエル・シャネル17歳の年に、ガブリエル・シャネルの叔母であるアドリエンヌと共にムーランにある寄宿学校に入学するのです。 そして翌年、ガブリエル・シャネル18の年にムーランにある衣料店でお針子として働くようになるのです。