シャネルの発祥はどこ?

シャネルブランドの創始者である、ココ・シャネル(ガブリエル・シャネル)は1883年にこの世に誕生します。 そして、1901年にムーランにある衣料品店でお針子として働くのです。 その後、8年後の1909年に銀行家であるイギリス人のアーサー・カベルという人物と出会うのです。 翌年の1910年・・・ガブリエル・シャネル27歳の時にカベルに出資してもらい、パリのカンボン通り21番地にシャネル・モードという名の帽子店をオープンしたのです。 そして、この年にアーサー・カペルとガブリエル・シャネルは恋人同士となりました。 その後の1913年にまたカベルに出資してもらい、フランス北部ドーヴィル中心街に、モード・ブティックをオープンさせたのです。 このお店では、帽子以外の衣服・・・ウエストを絞らないタイプのスカートや開襟シャツの様な上着なども店頭に置いたのです。 さらには、シャネルのマリンスーツの発端とされているトリコットと呼ばれる布を使用した洋服を作ったのです。 その後、33歳の年にリゾート地とされるビアリッツに、メゾン・ド・クチュールとよばれるお店をオープンさせたのです。