シャネルの創始者ガブリエル・シャネルの歴史

シャネルは何時の時代にも大人気であるといえます。 なぜなら、シャネルには女性の心を掴んで離さない、なにか惹かれるものがあるからなのです。 そして、コレクションが行われるごとに多くの人を楽しませるブランドはシャネルであるといえます。 それでは、ここからシャネルの歴史について紹介しましょう。 シャネルの創始者である、ココ・シャネルは1883年にフランス西南部のソーミュールの救急病院で、行商人の父アルベール・シャネルと母、ジャンヌ・ドゥヴォールの次女としてこの世に生を受けました。 そして、ガブリエル・シャネルと名づけられました。 しかし、1895年にガブリエル・シャネルの母であるジャンヌ・ドゥヴォールが亡くなります。 そして、父のアルベール・シャネルに捨てられ、姉であるジュリアと共に孤児院で生活するようになるのです。 さらに時は過ぎて1900年、ガブリエル・シャネル17歳の年に、ガブリエル・シャネルの叔母であるアドリエンヌと共にムーランにある寄宿学校に入学するのです。 そして翌年、ガブリエル・シャネル18の年にムーランにある衣料店でお針子として働くようになるのです。