マリリン・モンローの名言とは

ガブリエル・シャネルが立ち上げたブランドのシャネルNo5の売り上げが1929年には世界で一番となるのです。 その後、ガブリエル・シャネルは52歳の年に、28,000点(年間で)もの作品を世界の各国で発表したのです。 この頃、シャネルで働く従業員の数は4,000人となり、シャネルは黄金時代といわれるのです。 ですが、1939年に第2次世界大戦が起こってしまい、香水とアクセサリーの部門を残して、カンボン通りにあったお店を閉めるのです。 そして、1944年にパリが解散したあとガブリエル・シャネルはジュネーブに行きます。 1950年にマリリン・モンローの名言「寝るときはシャネルのNo.5を着て寝る」が残されたのです。 そして、ガブリエル・シャネル71歳の年に、メゾンを再度オープンさせるのです。 この時に再びシャネル・スーツを発表して、アメリカのいろいろなファッション誌の特集となるのです。 その後、マトラッセ・バッグの誕生、バイカラーの靴、プール・ムシューと香水シャネルNo.19と続々と発表されたのです。 ですが、1971年1月10日にガブリエル・シャネル(ココ・シャネル)は帰らぬ人となったのです。 87年の生涯でした。