シャネルの香水ができたきっかけ

33歳の年にオープンさせたメゾン・ド・クチュールでジャージー素材の服がアメリカの女性たちの間で人気となりました。 そのため、ハーバース・バザーとよばれる雑誌にシャネルの服が始めて掲載されたのです。 そして、1921年には香水・・・シャネルNo.5とシャネルNo.22を発売します。 この時に恋人であったディミトリ大公に影響され、ガブリエル・シャネルはロシア風のものにとても興味を示しました。 その頃作られた刺繍や毛皮などはロシア風であったといわれています。 1924年、ピエール・ヴェルタイマーという共同出資者とともにシャネルの香水会社というパルファン・シャネル社を設立し、ガブリエル・シャネルは社長として仕事をするようになります。 翌年、ユニセックス・モードが発表されて、モードの世界では黒いドレスが大流行するのです。 その後、ガブリエル・シャネルが45歳の年に、お店をカンボン通り31番地に移転させるのです。 同じ頃、ツイードとよばれる素材を使用した、シャネルのスーツを発表したのです。 この時使用されたツイードはスコットランドで特注で織られたものを使用したのです。